Interview

Akira K

エンジニア職
Designer
アプリケーションサービス統括本部
2011年 新卒入社

 

 

INTERVIEW 01 COMPANY 

ー日本TCSのどんなところに惹かれて入社を決意しましたか?

就職活動でさまざまな業界を見るなか、変化や成長を常に求める自分にとって、IT業界が最もフィットしていると思いました。プロジェクト単位で職務にあたり、新たなミッションに臨むたびに課題もメンバーも変わるからです。なかでも、当社は、各業界のトップ企業を顧客にもち、ダイナミックなチャレンジできそうだったので、入社を決意しました。

 

ーどんなところに日本TCSの魅力を感じますか?

AIやIoTなど、最先端技術の研究開発を世界規模で取り組んでいる点ですね。これほどの規模で研究開発に投資できる企業は業界内でも少数だと思います。また、世界のトップ企業を支えてきた業界最高水準の技術力や知見を活用して、日本のお客様に最高のソリューションを提案・デリバリーできる点も魅力だと思います。

 

 

INTERVIEW 02 CAREER



ー現在までのキャリアについて教えてください

新入社員研修後は、社内で利用されていた営業支援システムの保守プロジェクトにメンバーとしてかかわりました。翌年には、同じく社内案件であるプロジェクト管理システム構築に携わり、システム開発の基本的な流れをOJTで学びました。

2013年からは、大手銀行の次期基幹システム構築に参画。翌年にはチームリーダーを務め、 システム設計からリリースまで一貫して担当しました。顧客先に常駐して業務にあたるスタイルははじめての経験でしたが、お客様が直面なさっている課題やご要望をタイムリーに把握できたのが新鮮でしたね。さらなる改善に向けてお客様と一緒に議論できたことも、大きなやりがいにつながりました。

2018年からは、大手損害保険会社の基幹系システムをオープン化する大規模プロジェクトに参画中で、チームのサブリーダーを任されています。この案件では要件定義フェーズから担当させてもらっていることもあり、日々、新たな発見ややりがいを見出しています。ぜひ成功に導いて、自身の幅を広げたいですね。

 

 

INTERVIEW 03 FUTURE


ー今後は、どのようなことに挑戦してみたいですか?

合併後も、インド側のスタッフとコラボレーションするような案件に関わったことがないので、今後はぜひハイブリッド案件にチャレンジしてみたいです。また、プロジェクトマネジメントに関する経験・知見を養い、いずれは大規模案件をマネジメントしたいですね。

 

 

INTERVIEW 04 MESSAGE


ー日本TCSへの入社を検討している方々にメッセージをお願いします

人と人とを繋ぎ、新たな価値を創造していくのが私たちのミッションです。指示を待つのではなく、自分自身の頭で成すべきことを考え、動けるような意欲やフットワークの軽さを備えていらっしゃる方に仲間になっていただきたいと思います。

※社員の部署・役職はインタビュー当時のものです。

 

▶社員紹介indexはこちら