Interview

Norikazu O

エンジニア職
Designer
エンタープライズアプリケーションサービス統括本部
2009年 新卒入社

 

 

INTERVIEW 01 COMPANY 

ー日本TCSのどんなところに惹かれて入社を決意しましたか?

就職活動当初は幅広い業界を視野に入れていましたが、大学では情報科学を専攻したので、最終的には学んだことをダイレクトに活かせるIT業界に絞りました。数あるIT系企業のなかからこの会社を選んだのは、大企業が出資していて、経営基盤が安定していたからです。ベースがしっかりしていれば、さまざまなチャレンジが可能になるはずだと判断しました。

 

ーどんなところに日本TCSの魅力を感じますか?

海外案件に従事できるチャンスが増えていることです。さまざまな人とのコミュニケーションを通じて、法律や税制、風習、文化など、日本と海外のさまざまな相違を理解し、実際の業務に落とし込んでいくプロセスには、大きなやりがいを感じています。

 

 

INTERVIEW 02 CAREER



ー現在までのキャリアについて教えてください

キャリアを通して、SAP ERPの導入、保守・運用案件に従事しています。入社後は、大手精密機器業向けの基幹システム再構築プロジェクトに参画。複数のサブシステムを一つに統合するプロジェクトで、設計・開発・ユーザートレーニングに携わりました。いずれも顧客企業の業務内容を把握して臨まなければ、的確な対応につながりません。実務を通じて、お客様とのコミュニケーションがなぜ大切なのかを学ぶことができました。

2012年からは同基幹システムの保守・運用プロジェクトにチームリーダーとして参画しました。ユーザーからの問い合わせや障害時の対応が主業務です。実を言うと、この時の私は、保守・運用業務は、開発・設計業務に比べて地味だという印象を抱いていました。しかし、実際に担当してみると、お客様との日常的なコミュニケーションを通じて、業務をより深いレベルで理解できたり、システムの改善点に気づけたりと、プロアクティブな提案につなげやすいことを知りました。また、チームリーダーになったことで、プロジェクトマネージャーのありがたみを実感できました。月に1度の顧客への保守運用状況の月次報告会の前に、レビューの時間を毎回設けてくださり、資料や報告の仕方のよい部分・改善が必要な部分を指摘していただきました。このとき受けた指摘は、今の仕事にもつながっています。

2013年から約3年間は、人事管理や貿易管理等に関わる様々なプロジェクトを経験しました。大手運輸業の国内グループ会社向けの会計システム展開プロジェクトでは、設計・開発を担当しました。財務会計に関わるのはこのときが初めてで、会計目線の業務の流れについて知見を深められたのは貴重な経験でした。

2016年には、大手総合商社の海外のグループ会社向けの基幹システムを対象にした、保守・運用プロジェクトに参画。サブプロジェクトマネージャーとして、運用プロセスの改善や若手メンバー育成に関わりました。システムの利用者が海外ユーザーであり、プロジェクトメンバーも大半がインドのオフショアメンバーであることから、あまり得意でない英語を使う必要に迫られましたが、臆せず話してみることがなにより大事なのだと実感できましたね。

2018年からは、大手化学品メーカーのマスターデータ管理の導入プロジェクトに参画。メンバーとして要件定義に従事しました。事業のグローバル展開にともない、各拠点に分散しているマスターデータを集中管理するのが本プロジェクトの狙い。来日しているインドのプロジェクトメンバーやオフショア開発チームと密に連携をとりながら奮闘しているところです。ハイブリッドモデルの強みを活かしながら、お客様のグローバル競争力強化に貢献できればと思っています。

 

INTERVIEW 03 FUTURE



ー今後は、どのようなことに挑戦してみたいですか?

現在は、要件定義業務に関わっていますが、IT戦略立案など、さらに上流のフェーズにも関わっていきたいですね。今、特に関心があるのはロジスティクスです。Eコマースが爆発的な広がりを見せるなか、物流業界は人手不足で苦戦しています。こんな課題をITで解決していきたいですね。

 

 

INTERVIEW 04 MESSAGE


ー日本TCSへの入社を検討している方々にメッセージをお願いします

さまざまな技術領域をカバーしている日本TCSは、多種多様な業界に対応しながら事業展開しています。自身が描くキャリアビジョンにマッチした機会を必ず見つけられる環境が整っていますので、ITやデジタル技術を活用して日本を元気にするという、当社のビジョンに共感いただける方には、ぜひおすすめしたいですね。

※社員の部署・役職はインタビュー当時のものです。

 

▶社員紹介indexはこちら