Interview

Yusuke M

エンジニア職
Project Manager
アプリケーションサービス統括本部
2005年 新卒入社

 

 

INTERVIEW 01 COMPANY 

ー日本TCSのどんなところに惹かれて入社を決意しましたか?

就職活動当初は、メーカーを中心に「ものづくり」に従事できる仕事を主眼に置いていました。就職活動の途中から、プログラミングとコンピュータという箱から創り出される「もの(=システム)」が持つ無限の可能性に惹かれるようになりました。業界研究を通じて、システム開発の仕事が自分にフィットしていると感じたことから、最終的にIT業界に絞りました。アイ・ティ・フロンティアは、会社や社員の雰囲気が自分といちばん合っていると思ったので入社を決意しました。

 

ーどんなところに日本TCSの魅力を感じますか?

世界中の最先端の技術や豊富なリソースを活用できる基盤が整っていることです。業界や業態を問わず、どのようなお客様のニーズにも応えられますから。また、合併によって、社員の国籍だけでなく、価値観も多様になったと感じます。特に、グローバル化への対応を国内他社に先駆けて進めている点は、日本TCSの強みのひとつ。例えば、日本ではまだ普及していないアジャイルというシステム構築の進め方に対応できる要員を育成するなど、グローバルスタンダードをよりスピーディに取り込んでいます。

 

 

INTERVIEW 02 CAREER


ー現在までのキャリアについて教えてください

新入社員研修後は、お客様企業の販売管理に関する基幹システムの保守運用に携わりました。当初はユーザーからの問い合わせ対応やプログラムの改修を担当し、ある程度経験を重ねてからは、システムの追加開発にも従事させてもらいました。一連の経験を通じて、要件定義フェーズに臨むには、お客様の業務やシステムを正確に把握していることが不可欠なのだと実感できました。その点において、保守運用業務に携わることは、システムに対する理解を深め、且つ常にお客様の近くにいながら業務上の課題をリアルタイムに把握できる貴重な機会であると考えるようになりました。

2009年には、先述したお客様の取引をグループ会社に移管する追加開発のプロジェクトマネージャーを担当しました。保守運用プロジェクトと並行していたので、既存のシステムでトラブルが発生したときなどは、作業スケジュールの調整が大変でしたね。また、既存システムに機能を追加する場合、新規開発とは違って、稼働中のシステムに影響が出ないように配慮する必要があります。事前調査の緻密さや、作業にあたるうえでの慎重さが鍛えられたと思います。

2012年から約3年間は、同システムの保守運用プロジェクトにプロジェクトマネージャーとして参画。チームの一員だった当時とは違い、今回はプロジェクト全体の進捗状況を俯瞰して、管理・モニタリングする必要があります。情報共有の場を増やしたり、メンバー個々の志向や能力に合わせて職務を割り振ったりと、状況把握やメンバーのモチベーション向上に意識して取り組みました。

2015年には、各種保険関連システムの開発プロジェクトに携わりました。システムの再構築がミッションで、要件定義からリリースまで一貫して担当しました。4つのシステムに対して並行で再構築や機能追加をすることになったので、それぞれの繁忙期が重ならないように注意して全体のロードマップを作成。小まめに各担当者に現況や今後の見通しを確認し、柔軟にリソースを配分しながら推進していきました。大掛かりなプロジェクトにおける全体計画の立て方や調整力を養えたと思います。

現在は、保険会社様で次世代基幹システムの大規模開発プロジェクトに従事しています。これまで培ってきた経験・知見をフルに投入しながら職務に励んでいます。

 

INTERVIEW 03 FUTURE


ー今後は、どのようなことに挑戦してみたいですか?

今後は、あらゆるサービスがオンライン化していくはずです。そんななかで一層重要性が増すのは、いかに安定したサービスを提供できるかです。システムの開発から保守運用にいたるシステムライフサイクル全般において、プロジェクトの多様化・高度化が進むなかで、どんなプロジェクトにも対応できるPMになるべく、着実に経験を積んでいきたいです。

 

 

INTERVIEW 04 MESSAGE


ー日本TCSへの入社を検討している方々にメッセージをお願いします

お客様の業界・技術領域ともに幅広くカバーしているだけでなく、プロジェクトの形態も多種多様です。目の前の仕事で実績を積み上げながら、お客様やプロジェクトメンバーからの信頼を獲得することが前提になりますが、そのうえで手を上げれば、必ずチャレンジの機会を与えてもらえる会社です。仲間とともにモノをつくり上げる喜びや、自身の成長の機会を求める人と、ぜひ一緒に仕事をしたいですね。

※社員の部署・役職はインタビュー当時のものです。

 

▶社員紹介indexはこちら