アプリケーション開発と運用保守

Solution

アナリティクスフレームワーク設計

 

アナリティクスとは、リアルタイムあるいはオンデマンドのコンテキスト情報に、迅速な意思決定のため構成された視覚化が含まれます。また、製造現場で使用される製造アプリケーションに関する重要なKPIのリアルタイム監視も含まれます。

TCSには、お客様のアナリティクスへの取り組みを支援する為の自社開発製品があります。

  • <リアルタイム監視チーム>
    T-Pulse(ティーパルス)
  • <企業全体のビュー>
    Performance+(パフォーマンスプラス)

 

産業用IoTや高スループット機器などの情報通信・センシング・特性評価の技術進展が加速する中で、製造から生み出されるデータは急激に増大し、いわゆる 「ビッグデータ」 を生み出すことが期待されています。

スマート製造の焦点は、正確でタイムリーな意思決定をサポートするために、リアルタイムデータから製造インテリジェンスを作成するだけでなく、何が起こるのか、どのように損失を防ぐことができるのかといった予測的・処方的な機能も入ります。

したがって、デジタル化の実装が増加している中、低コストのセンサーが利用可能になり、人工知能/機械学習が大衆化されることで飛躍的な効果が得られる一方で、複数のシステムを統合し、多数のデータを分析し、企業規模で生成された膨大な量のデータからリアルタイムで価値のある洞察を引き出す必要があるため、大きな課題にもなっています。

<リアルタイム監視チーム>
T-Pulse
(ティーパルス)

アプリケーション・機器データが分散しているために事業部が直面している課題を考慮し、TCSは主力アプリケーションであり機器モニタリングソリューションのT-Pulseを開発しました。

これは軽量でさまざまな製造施設に適用できるスケーラブルなソリューションです。また、モバイルでも使いやすいダッシュボードには、アラートをカスタマイズするオプションも含まれています。

大手自動車メーカーへのT-Pulse導入

ツールとアクセラレータ

製造業界で支援を続けてきた長い道のりで、TCSはお客様のデジタル化への取り組みを支援するツールやアクセラレータをいくつか開発しています。それらは、重要な製造成熟度モデル (M 3) 、Lite MES、Performance+、T-Pulse、任意のプログラムへのジャンプスタートを可能にする複数のアクセラレータなどです。

製造成熟度モデル

製造業デジタル変革の取り組みの出発点は、人材、IT、プロセス、組織構造といった企業の最重要部に対して、主要な機能領域での製造 ITエコシステムの成熟度レベルを通じ、現在の状況を評価することから始まります。TCSはMESAのガイドラインに沿って、製造成熟度モデル (M 3) というフレームワークを開発しました。これにより製造業のお客様が、業界トッププレーヤーと比較した既存の成熟度レベル、そしてビジョンを理解し、製造業務を変革するための将来の製造IT戦略を定義することが可能になります。

製造成熟度モデルは構造化された成熟度レベルを定義します。製造企業の行動、慣行、プロセスが、要求された製品をどの程度時間通りに、高品質で、適切に保守された装置を使用して、かつ信頼性が高く持続可能な方法で生産できるかを示します。

成熟度が高ければ高いほど、企業の効率性が高まり、エラーやミスが少なくなり、製造業務におけるシステム上の問題が少なくなります。また、成熟度が高いほど、MES/MOM投資にに対して所有コストが低く、付加価値が高くなります。

<企業全体のビュー>
Performance+
(パフォーマンスプラス)

業界での経験に基づき、TCSは、ほとんどのメーカーが、制御システム、SCADAシステム、およびMESシステムなど、異なるレイヤーで運用データを収集して保持するシステムを持っていることを理解しています。

しかし、主要な運用パラメータの傾向を理解し、その環境でパフォーマンスに大きな違いをもたらす運用上の欠点がわかるベンチマーキングを可能にするには、企業レベルの視点が必要です。

Performance+はリアルタイムでパーソナライズされた、実行可能な洞察と異常検出を提供し、ビジネスKPI全体の改善に貢献するおよそ60の運用KPIを改善します。最高の運用ゾーン、最高の効率ポイント、およびグローバルベンチマークを決定する機能を備えています。

世界最速の時系列データ管理プラットフォームであるKxをベースとし、Angular JSをベースとする応答性の高いユーザインターフェースを備え、複数の既存MES、ERP、BIソリューションとの統合が可能です。従来のデータ格納処理と比較して、データ取得は300倍、クエリ実行は20倍高速であり、必要なインフラストラクチャのサイジングは通常の四分の一に過ぎません。

Performance+は、比類のないスピードとペタバイトのスケーラビリティを提供し、製造業企業にプラントの4 D洞察を提供します。

効果的なパフォーマンス監視と適時の是正措置によって、企業の生産性が2~3%向上し、予期しないダウンタイムが20~30%減少します。

 

プラントソリューション&サービス > アナリティクスフレームワーク設計