TCS XR

Solution

TCS XR

 

XR(クロスリアリティ)を取り入れ現実世界の問題を解決

今、自動車業界は100年に一度の大変革時代を迎えています。

世界各国の大手自動車メーカーが、旧来の製造業からモビリティサービスプロバイダーへの進化を模索しており、そのキーテクノロジーとしてXRが注目されています。

自動車業界の潮流であるC.A.S.Eを指し示す「Connected:コネクテッド」「Autonomous:自動運転」「Shared & Service:シェアリング・サービス」「Electric:電動化」においても、XRは幅広く利用可能なテクノロジーであると目されており、ビジネスにおける作業効率化・生産性向上などの効果が期待されています。

自動車業界向けVR市場規模は2019年から2027年までの8年間で、年平均成長率は約45%に達し、導入が急拡大する見込みです。*

*(参考)Fortune Business Insights

 

この大きなパラダイムシフトの中、XRは自動車製造において欠かせないキーテクノロジーとして、バーチャルショールーム、技術者向けトレーニング、複雑な設計の詳細検討、自動運転ソフトウェアのテストなど、多くの分野で利用されています。

自動車分野の専門知識と豊富なVR技術の実績を持つTCSは、Society5.0で想定されているスマート社会へも貢献しています。

 

TCS の XR(クロスリアリティ)の強み

TCSのXR領域の強みは以下の通りです。

  • デジタルトランスフォーメーションを支援するためのXR採用時の事業領域を特定
  • 自動車開発で蓄積されている背景知識をもとに、XRソリューションを開発
  • 自動車に焦点を合わせた、再利用可能なアセットライブラリを開発
  • Unity、Unreal、PiXYZ、Blenderなどのさまざまなツールの使用実績

 

業界別ユースケース

バーチャル空間に現実空間を再現することによって、業界別のさまざまな場所でXRを活用でき、さまざまなユースケースが存在します。
TCSはそれらのユースケースに対して、今までの車両開発の経験を生かし、幅広く対応可能です。

 

エンジニアリング、設計レビュー、プロトタイプ作成

  • プロジェクトコンセプト作成活動(例:視覚モデル作成)
  • お客さまと協業しながらの設計レビュー
  • リモートでの不具合診断とトラブルシューティング
  • 設計変更・テストを繰り返す製品に対しプロトタイプを仮想的に複数作成

 

トレーニング&マーケティング

  • リモートにいながら、作業支援や研修を開催
  • インタラクティブな方法で、部品組立検査用トレーニングを提供
  • 消費者体験を向上させるマーケティングに活用

 

次世代車両テスト

  • AD / ADAS機能であるクルーズコントロール、車線逸脱防止支援、衝突時警報といった安全性の維持・確保が必要なテストシナリオをシミュレートまたは再構築するためのデジタル環境構築
  • コネクテッドカーの機能を早い段階で視覚化し、実装後の検証への利用