TCS Envirozone™

Solution

TCS Envirozone™

サプライチェーン全体における企業の持続可能性をサポート

 

2015年に193の国連加盟国が17のSDGs目標達成を掲げ、各企業もSDGs対応としてビジネスの持続可能性の改善が求められています。
また、近年持続可能なライフスタイルを意識する消費者が増えており、企業は持続可能性を追求したビジネスを実現することがますます求められています。
つまり、企業は商品やサービスを環境にやさしく、グリーンでエシカル にする必要があります。

TCS Envirozone™ は企業が低炭素化・カーボンニュートラル実現に向けて、全てのバリューチェーンにおけるCO2排出管理、そして環境や社会への影響度の可視化・トラッキングを行い、企業の持続可能性をサポートします。

150以上のSDGs (環境、社会、ガバナンス) 関連KPIに対する企業や組織のSDGs対策をトラッキング・持続可能性を評価するためのデータ収集手法の変革と、サプライチェーン全体における透明性をもたらします。

 

TCS Envirozone™ 導入のメリット: 

  • サプライチェーンの上流から下流にわたり、原料調達や廃棄物管理などにおける持続可能性のトレーサビリティを実現
  • 企業が持続可能性評価情報や報告書を作成する上で必要なデータを提供することで、情報開示までにかかる時間を90-95%短縮し、企業の信頼性を強化
  • サプライチェーン全体のCO2排出量分布の可視性を向上しさせ 、サプライヤーの持続可能性改善と、ESGリスク軽減を実現

 

TCS Envirozone™を構成するソリューション群:

  • O-Zone:
    原料生産に使用した肥料や環境など、原料生産農家や業者が保有するさまざまなデータと連携し、原料の品質、安全性や持続可能性評価をAIと機械学習に基づいた予測システムで行う

  • Net-Zero & Sustainable Line-haul:
    全サプライチェーンにおいての温室効果ガス規制遵守の監視と、データガバナンスシステムによるデータの精度と完全性の確保を行う

  • iCloseLoop & 5R Sustainable Packaging Framework:
    プラスチックで梱包された商品の製造企業やリサイクル業者など、下流におけるさまざまなステークホルダーを結び、プラスチック取引やプラスチックのトレーサビリティを容易にするマーケットプレイスを提供。使い捨てプラスチックごみを削減し、循環型経済を実現する

 

 

TCS Envirozone™

(PDF : 1,400KB)

 

個別のご相談も承ります。お気軽にお問合せください。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、 グローバルで業界トップクラスの実績、技術、規模を誇るタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の技術や知見を用いて、 お客様のビジネス変革をお手伝いさせて頂きます。