ギルバルコ・ヴィーダー・ルート(Gilbarco Veeder-Root)様

ギルバルコ・ヴィーダー・ルート(Gilbarco Veeder-Root)様

将来に備えたERPプラットフォームで成功

 

TCSはGilbarco Veeder-Rootのプロセスハーモナイゼーションを、新しいクラウド対応ERPプラットフォームで牽引

お客さま:Gilbarco Veeder-Root

設立:1870 年
本社所在地:Greensboro, North Carolina
事業内容:ハイテク

TCSはGilbarco Veeder-Rootのプロセスハーモナイゼーションを、新しいクラウド対応ERPプラットフォームで牽引

Gilbarco Veeder-Rootは、リアルタイムデータを使用して意思決定プロセスを変革したいと考えていました。

業界大手の燃料供給ソリューションおよびEV充電器メーカーであるGilbarco Veeder-Root (GVR) では、生産性に影響を及ぼしているレポート作成と財務会計に関して、外部のデータサービスプロバイダに依存していることに対処したいと考えていました。

従業員に新しいプロセスやツールを提供することを目指した上で、同社は、デジタルトランスフォーメーションに着手し、将来に備えたプラットフォームに移行する必要がありました。そこで、財務、営業、会計などの全ての運用を統合モードで実行し、体系的なプロセスの改善、チェックとバランスの強化、収益保証の向上を実現するクラウドソリューションを計画しました。

TCSはMicrosoft Dynamics 365を活用し、Gilbarco Veeder-Rootでの変革をリード。

TCSはGilbarco Veeder-Rootの戦略的パートナーとして、テクノロジーランドスケープへの投資を深く理解し、ERPプラットフォームとしてMicrosoft Dynamics 365 Business Centralに基づくソリューションを推奨しました。

TCSは迅速なロールアウトアプローチを採用し、GVR全社での基幹となる財務プロセスを調和させるクラウドソリューションを導入しました。TCSチームが展開したMicrosoft ERPソリューションは、企業に必要なデジタルトランスフォーメーションをもたらし、財務状況の可視性を高めました。

Microsoft Dynamics 365 Business Centralは、会計に自動化を導入するだけでなく、GVRが財務や会計、販売、購買、在庫といったさまざまな分野で、連携したデータを使用して情報に基づく意思決定が行えるよう支援しました。新しいERPプラットフォームは、収益の保証を確保し、販売プロセスを迅速化し、月末の財務調整時に正確で合理化されたレポートを使用して財務報告を明確に加速させました。

TCSチームはまた、生産性と効率を最適化する他の手段を見極め、APAC地域、西欧、バルト三国におけるGVRの今後の展開を計画しました。

「これは、私が今まで見た中で、最もスムーズなERP稼働プロジェクトでした」-Gilbarco Veeder-Root Global、CIO、Martina Schoultz氏

 

TCSは、Gilbarco Veeder-Root社のプロセス統合と財務の可視性を推進。

TCSは、GVR向けのMicrosoft ERPプラットフォームを展開。ワークフローの自動化を導入し、コミュニケーションと意思決定のためにデータに簡単にアクセスできる一元化された場所を作成しました。

  • 統合機能の強化、作業順序の決定
  • 会計帳簿を迅速に照合     
  • 法令遵守の向上

 

※ 掲載内容は2022年4月時点のものです

▶ 事例紹介の一覧はこちら
ビジネス変革を加速するパートナーとして、
お客様のビジネス課題を解決した成功事例をご紹介しています。